2010年02月26日

受験シーズン、道真の遺徳しのび梅花祭 京都・北野天満宮(産経新聞)

 学問の神様として知られ、梅の花を愛した菅原道真の遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮で行われた。

 約900年前から道真公の命日に行われる行事。上七軒の芸舞妓(まいこ)ら約30人による野点(のだて)茶会も催され、参拝者らはお点前や散策を楽しんだ。

 連日の暖かさで境内の梅はすっかり見ごろ。三重県四日市市の主婦、竹内夏実さん(47)は「受験中の娘の合格祈願に来ました。舞妓さんも見られてよかった」。

【関連記事】
幕末の京を再現「都をどり」 あでやか衣装合わせ 京都
京都の春彩る「京おどり」の衣装合わせ
古都の春は早いどすえ 舞妓さん「北野をどり」へ衣装合わせ
冬の祇園で「ティーパーティー」 舞妓さんの抹茶で至福のひととき
「おめでとうさんどす」京都の花街で仕事始め

派遣法案要綱、17日に諮問=社民党の主張は盛り込まず−厚労省(時事通信)
<鳩山首相>トラック運転手が表敬訪問(毎日新聞)
シュワブ陸上案の問題点指摘=前原沖縄相(時事通信)
<客引き容疑>無料案内所の店長ら逮捕 大阪府警(毎日新聞)
「メダカのように泳いでます」=五輪選手団にもエール−野口さん、宇宙基地から会見(時事通信)
posted by フクチ ツカサ at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予算案一般質疑、自民のみ欠席で審議継続へ(読売新聞)

 自民党は23日午前、衆院予算委員会の2010年度予算案の一般質疑を欠席し、審議拒否を続けた。自民党以外の野党は予算委に出席した。

 与党は、予算案の3月2日までの衆院通過を目指し、自民党が欠席しても審議を進める方針だ。

 自民党は23日午前、国会内で役員連絡会を開き、今後の国会対応などを協議した。出席者からは「審議に応じるべきだ」との声も出たが、大島幹事長はその後の記者会見で「政治とカネの疑惑にふたをし、国会ルールを党利党略で曲げる姿は大きな禍根を残す」と述べ、当面は小沢民主党幹事長らの国会招致などを求め、審議拒否を続ける考えを強調した。

 これに対し、与党3党は23日午前の国会対策委員長会談で、自民党の要求には応じない方針を確認。同党の対応にかかわらず予算案の審議を続けることでも一致した。民主党の山岡賢次国会対策委員長は会談後、記者団に「国会はほぼ正常化だと思って粛々とやっていく」と述べた。

西武新宿線で運転見合わせ 作業用列車とトラック接触(産経新聞)
無登録でマンション管理=全国初、元業者を書類送検−兵庫県警(時事通信)
湯浅氏は引き続き協力を=菅副総理(時事通信)
「検証し、今後に生かす」=石巻3人殺傷で警察庁長官(時事通信)
高速道無料化 海外では 渋滞回避が大原則/混雑課金導入も(産経新聞)
posted by フクチ ツカサ at 03:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。