2010年04月21日

「衆参ダブル選の可能性高い」と石破氏 「たちあがれ日本」との連携も模索(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は14日、都内で講演し、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で行き詰まり、5月末にも退陣に追い込まれる可能性が高いと指摘。その上で「民主党は、自民党による首相のたらい回しを『けしからん』と言ってきたから、選挙をやるのは当然だ。衆参同日選の可能性は高い」と述べた。

 新党「たちあがれ日本」との関係については、「ともに民主党を倒すという思いなら、罵詈(ばり)雑言や裏切り者などという前に、どうやって共闘するか考えるのが大事だ」と述べ、後半国会や参院選での連携を模索すべきだとの考えを示した。

【関連記事】
「政党内で議論しないのは違和感」石破氏、舛添氏に不快感
石破氏、日米会談で普天間進展なし批判
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏
自民・石破氏「賛成も共感もしない」 鳩山邦夫氏の離党表明を酷評
外国人地方参政権問題に一石

<トキ>新たに1組産卵か 3組目に 環境省が発表(毎日新聞)
「生徒指導提要」30年ぶり抜本改定 「ネットいじめ」「虐待問題」対応(産経新聞)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
大幅修正なら総選挙を=参院選民主マニフェストで−東国原知事(時事通信)
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
posted by フクチ ツカサ at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。