2010年05月21日

世襲批判も払拭する 青木幹雄氏後継の一彦氏(産経新聞)

 体調不良のため参院選島根選挙区(改選数1)の出馬を断念した自民党前参院議員会長の青木幹雄氏(75)の後継に決まった長男で秘書の一彦氏(49)が20日、松江市内で立候補表明。会見で「父のふるさとに対する思いを継ぐのが私の務めだ」と語った。

 世襲批判の懸念については「いろんな意見があると思うが、それを払拭(ふっしょく)するぐらい頑張るのが一番」とした。一彦氏は出雲市出身。山陰中央テレビ社員を経て、小渕内閣の官房長官に就任した青木氏の秘書官などを務めた。

 同選挙区には、いずれも新人で民主党の岩田浩岳氏(34)、共産党の石飛育久氏(32)、みんなの党の桜内朋雄氏(41)が立候補を予定している。

【関連記事】
青木氏長男の擁立を批判 河野太郎氏
参院のドン・青木氏の後継者は長男
次々結成も内実は…新党に共通するのは?
落選議員のいま 中山泰秀氏「鳩山首相はけしからん」
鳩山“辞任”Xデー 求心力ダウンで最短「年内」も!?
中国が優等生路線に?

小沢氏更迭に期待=民主・渡部氏(時事通信)
諫早干拓 長崎地裁の裁判官3人が現地視察(毎日新聞)
阿久根市長 市体育協会の会長職を要求(毎日新聞)
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会(医療介護CBニュース)
<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)
posted by フクチ ツカサ at 09:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

皇后さまが赤十字大会に(時事通信)

 日本赤十字社の全国赤十字大会が12日午前、東京都渋谷区の明治神宮会館で開かれ、名誉総裁の皇后さま、名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さま、常陸宮妃華子さま、高円宮妃久子さまが出席された。
 式典で皇后さまは、赤十字活動に功績があった個人と法人の代表13人に有功章を授与した。式典での「お言葉」は、皇后さまの負担軽減のため、今年の大会からなくなった。 

産廃業者が資産隠し8400万円、2人を逮捕 大阪地検(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)
痴漢取り締まり、検挙倍増=新入生、新社会人狙う−警察庁(時事通信)
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族(産経新聞)
posted by フクチ ツカサ at 09:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。